2013年01月11日

がんばってんのに!

…主はアベルとそのささげ物とに目を留められた。
だが、カインとそのささげ物には目を留められなかった。
それで、カインはひどく怒り、顔を伏せた。 創世記4:4〜5

皆さん、人それぞれ違うと思うんですが、つい怒ってしまうパターンってないでしょうか。
私にある一つのパターンは、「頑張ってんのに!」です。

例えば、会社でいろいろな仕事を抱えて、いっぱいいっぱいなところに、別の頼まれ仕事が来たりとか…。
そんな仕事から帰り、一生懸命、夕飯作っているところで、O型マイペース奥様が帰ってきて、あーでもない、こーでもないと言われちゃったりとか…(笑)

まあ言われてしまうのにも、ちゃんと、それなりの理由もあるわけなんですが、積りに積もると、ぼっと火がついちゃったりして。。(^^;;
それで夫婦喧嘩になってしまう時もあります。。(笑)
私の怒りは父親譲りの瞬間湯沸かし器型なんですよね〜。
ったく、似ないでもいいところが似ていたりもして、すぐに冷めもするんですが、一番の被害者は奥さんかもしれないです(笑)

さてさて、そんな怒りが湧き上がってしまった時に、よく思い出すのが聖書に出てくる初兄弟喧嘩であり、殺人事件、兄カインと弟アベルの記事です。

弟アベルが捧げたものだけが受け入れられて、兄カインの捧げたものは受け入れられなかったんですよね。
そこで兄カインは憤り、怒りの鉾先は弟アベルに向かってしまったんです。

それにしても、なぜ神様は、カインの捧げ物を受け止めなかったんでしょう。。
アベルは最上のものを持ってきたとも書いてありますが、二人の捧げ物を比較して、カインの捧げ物を拒否したのでしょうか。
どうも、そういうことではなさそうです。

神様は決してカインを拒んでいるわけでもなく、怒りで顔を伏せているカインに語りかけるのです。

「なぜ、あなたは憤っているのか。なぜ、顔を伏せているのか。
…あなたは、それを治めるべきである。」

なぜ、カインが弟アベルを殺してしまうほどに怒ったのかを考えると、カインはカインなりに、頑張っていたんだと思うのです。
カインは決して粗品を持ってきたわけでもありません。
まさに、「がんばってんのに!」の怒りなんです。

ですが、何を頑張っていたのかというと、神様に喜んでもらおうという気持ちよりは、アベルに負けたくない、自分が認められたいという気持ちが大きかったのかもしれないですね。

同じく私も、自分が認められたい気持ちがあるように思います。
でも、なんらかの形で自分が頑張りが理解されないような時、「がんばってんのに!」という怒りが湧き上がっていそうです。

怒りの感情自体は自然な感情ですし、起きてしまった感情は外に出すことも大切なんですが、一方、行き過ぎれば人間関係を破壊していってしまいます。

もともとは喜んでもらいたいという気持ちがあっても、結果として、全く逆のことをしてしまうのです。
これでは本末転倒ですよね。

もし、カミさんに喜んでもらいたいなら、自分の頑張りよりも、カミさんが喜ぶようなことをしていくことなんですよね。。(^^;;

神様は、自分への捧げ物よりも、カインが内側に抱える、その負の力に気づいてもらいたかったのかもしれません。
それは、弟アベルを殺してしまうほどのものだったのです。

その怒りの感情がどこから来ているか、どうして怒りが湧いたのか、自分自身で見つめてみると、実はそれ程の怒ることではなかったり、溜まったストレスや過去のトラウマ…、別のことが原因だったり、怒りの感情も少し治まって冷静になれたりもします。

認められないことに腹を立てるのではなく、結局のところ、本来、やるべきことを成していくことでしかないんですよね。。。

「なぜ、あなたは憤っているのか。…」

瞬間湯沸かし器の私ですが、お湯沸かしちゃう前に、この言葉を思い起こしたいものですね。。

そう、スイッチ入れて、カチッ、ボッ!の、ボッの前にね…(^^;;

湯沸かし器…、もう知らない世代もいるかな(笑)


そこで、主は、カインに仰せられた。
「なぜ、あなたは憤っているのか。
なぜ、顔を伏せているのか。
あなたが正しく行ったのであれば、受け入れられる。
ただし、あなたが正しく行っていないのなら、罪は戸口で待ち伏せして、あなたを恋い慕っている。
だが、あなたは、それを治めるべきである。」
創世記4:7


posted by holyhope at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書の小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。