2013年02月09日

心のバロメーター

いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
1テサロニケ5:16〜18

前回、心の内にどんな言葉が占めているかで、捉え方が変わるという話をしましたが、この1週間、仕事が忙しく、女性陣のおしゃべりに、ちょっとイライラ…。
ったく!…と思いながも、自分の書いた文章思い出して、とりあえず我慢(^_^;)

うーん。。ためになる…自分の(笑)

でも実際、このおしゃべりを止めてしまうと、いい意味でのコミュニケーションまで止めてしまうんですよね〜。
そこが難しいところです(笑)

しかし、そんな私も、仕事帰りに欲しかったビデオカメラをゲット!
それで、もう、ちょーご機嫌(^^)
イライラは、どこかに吹っ飛んでいました。

我ながら、現金というか、単純というか、ある意味、感心しちゃいました(^_^;)

さて、冒頭の聖書箇所は、竹下家の親族の間では、実家のお便所に掛けられている有名な言葉です。

実家にいる頃は、なんも思わなかったのですが、今は、心のバロメーター的な言葉になっています。

もちろん、人生、喜べることばかりではないと思います。時には、嫌なことも、辛いことも起こります。
逆に、いつもは喜んでいられることばかりではないから、「喜びなさい」ってことも勧められているんですよね。

もし、これを「命令」(律法)として受け止めたら、この上もない苦痛だと思います。
少なくとも、私は嫌ですね(笑)

ですが、喜べない状況の時にも、ただ悲観するだけ、不満でいっぱい、あるいは落ち込みっぱなしではなく、どうしたら喜べる状態になれるか、自分も周りも喜べる方向に心を向けていく事ができたなら、心の持ちようは、ずいぶん違うのではないでしょうか。

たとえ喜べない状況の中でも、クリスチャンは神に祈ることができます。
自分一人では絶望だったとしても、神様は無限大です。
祈る…というアクションを起こす限り、心は絶望へとは向かいません。

今の私自身、振り返れば、いいことも悪いこともありながら、それら一つ一つが経験となって、今があります。
無駄な経験などありません。
そう考えれば、本当はどれも感謝なこと。今があるということだけでも、実際、とても感謝なことなんですよね。。

…とは言いながら、渦中にある時は、なかなか全てを感謝することなど、正直、難しいのですが(^_^;)
でも、人間の脳には不思議なところがあって、何も感謝することがなくても、繰り返し「ありがとう」と口に出していると、自然と脳は、何がありがたいんだろう…とを探し始める習性があるというんです。

ないもので不満を抱いているより、感謝できることを探していく方が、自分にとっても周りにとっても、幸せへの近道なのかもしれないですよね。

本当にすべてのことに、感謝できるとしたなら、それは本当に幸せなことだと思います。
だって、感謝なんですから。。(^_^;)

この聖句の続きには、大切な一句があります。

「これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」

これが神の望み、神のみこころだというわけです。
つまり、私たちが、そうなれるようにイエス・キリストは存在し、助けてくれているのが聖書の神様なんです。

人生、悩みや困難は多々ありますが、
いつも喜び、絶えず祈り、すべてのことに感謝する…
この言葉を胸に、そんな幸せを目指していきたいものですよね(^^)

いつも喜んでいなさい。
絶えず祈りなさい。
すべての事について、感謝しなさい。
これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。
1テサロニケ5:16〜18



posted by holyhope at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 聖書の小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。