2013年12月30日

「朝明けには喜びの叫びがある」詩篇30篇


(2013.12.29 シャローム福音教会)

クリスマス終わって、急にまた一段と寒くなりましたね。
今年一年、皆様、どんな一年でしたでしょうか。

いよいよ、今年、最後の礼拝になりました。今日は、歌と説教で半々とさせていただきました。

実は、今回、静のCDは、この詩篇から、インスピレーションをいただいて、タイトルをつけているんですね。

30:5 …夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。

1枚が、賛美歌を集めた、Before the Dawn 夜明け前。
もう1枚が、オリジナルソングを集めたBrightest Morning 明るい朝。

1枚1500円、2枚で3000円、ちゃっかり宣伝しているんじゃないかと思われそうですが、長い話を短くすれば、まあ、そうなんですけどね。

今回のCDには、静なりの東北への思いが込められているようです。

来年の3月には、東日本大震災から満3年を迎えようとしていますが、被災地では、まだまだ復興途上にあるのが現状です。
12月には、福島の南相馬に行ってきましたけれども、警戒立入禁止区域の浪江町境にある牧場では、およそ3マイクロシーベルト〜4マイクロシーベルト。
それは、このあたりの50倍〜100倍くらいの放射線量となるわけです。

そのあたりは立入は許されていますが、居住、住むことは許されていません。
牛たちは放牧ではなく、半ば放置、草が食べられるように、放たれたままにされています。
でも、牛たちはやせ細っているのが現状です。

もう1日は、もう少し北の相馬市の仮設住宅を訪問もさせていただきましたが、そこには、やはり放射線量の高い飯館村の方々が、集団避難されているんですよね。
子供もいる働き盛りの若い世代は、県外へ職を求め出て行き、残されている多くは高齢者が中心。お年寄りがお年寄りの手を引き、車椅子を押している状況です。

何もなかったら、自分が手に負えるくらいの畑仕事でもしながら、自分の慣れ親しんできた土地で、残りの余生を暮らすはずだったのかもしれません。
ところが今や、アスファルトの上に立てられた、プレハブの仮設住宅の暮らし。
生活環境があまりに変わって、楽しみも、少ないわけです。

そこに静が歌を歌い、一時は、楽しんでももらえるわけですが、帰るころには、「帰り際がさみしいんだよね」と語る方もいらっしゃるわけですよね。
単に、生活ができるか、できないかだけの問題ではないんですよね。

東京オリンピックの選考会では、わが国の首相いわく、福島の原発は「アンダーコントロール」、管理されているらしいですが、これが「コントロール」されているというのであれば、ほとんど見て見ぬ振り、無視に近いんじゃないかと思うわけです。

私たちは、まやかしの言葉で、「コントロール」されてはいけないな…と思うわけです。

私たちができることは、小さなことかもしれないですが、しっかりと現実を見据えた上で、自分たちにできることをしていきたいものですよね。

さてさて、決して、東北のみならず、私たちの人生は山あり、谷あり。
いいことも、悪いこともあるものですよね。

クリスチャンになったら、いいこと尽くめ。すべてが、うまくいく…なんてことはないわけです。
クリスチャンになっても、ならなくても、災害に会うこともあります。病気になることもあります。思わぬトラブルに巻き込まれることもあります。

あの…残念なお話ながら、東北の震災を、まじめに神の裁きだという、クリスチャンもいたりするわけですよ。はっきりいいますが、100%、聖書的間違いですからね。
ただ単に自分が災難にあっていないから言える、自信過剰のこれぞ罪。

言葉が悪くて、本当に申し訳ないですが、ほんと、私がクリスチャンじゃなかったら、俺がお前に災難、神の裁きを下してやろうか…って話なんですよ。

日本は地震でできた国。いつかは、関東にも大きな地震はきます。
私の実家、静岡なんて、近いうちに必ず大きな地震が来ると言われ続けているんですから。
それが日本の自然。でも、その自然界の恩恵もたくさん受けて、私たちは生かされているわけですよね。
私たちも、この日本、地球に暮らしている限り、こうした災害、災難に会うことは、十分、ありえるわけですよね。

私たちは、その日本の自然の中で生活していることを前提にしておくべきなんですよね。
だとすれば、福島の事故に至っては、言うまでもなく、地震や津波、日本の自然を甘く見た、100%人災なんですよね。。。

この詩篇30篇は、ダビデは大きな危険からの救いを主に感謝している詩です。
2節、3節を見ると、死を予期させるような、重い病気にかかったのではないかと考えられます。
信仰深かったダビデもまた病気になるんです。

ですが、単に、病気にかかったに終わらず、

30:2 私の神、主よ。私があなたに叫び求めると、あなたは私を、いやされました。

ダビデは、神にあって生かされていることを感じ取っているわけです。

私も、クリスマス直後ですね、首の左側のリンパ腺がはれてしまって痛かったんですよね。特に風邪も引いてないのに、こうなるのは、はじめてだったんで、最初ちょっと、何の病気かと思って、内心、びびったりもしたんですけどね。

しかし、私たちには、感謝なことに、イエス・キリストにあって、すでに永遠の命が保証されているわけです。
死は、瞬間、恐れはあっても、絶望ではない…、死の先にすら希望がある、
これは、信じる信仰によって与えられる、クリスチャン特有のものでしょう。

30:4 聖徒たちよ。主をほめ歌え。その聖なる御名に感謝せよ。
30:5 まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。
30:6 私が栄えたときに、私はこう言った。「私は決してゆるがされない。」

「まことに、御怒りはつかの間、」
神様は、人間ほどには、怒ったり、裁いたりしないのかもしれない。
逆に言えば、私たち人間のほうが、人を裁いたり、怒ったりしてしまうのかもしれないですよね。
実に、神様は、クリスチャンであっても、そうでなくても、恩寵、恵みのうちに、生かしてくださっているわけです。

この聖書の神様を信じるということは、人間が自力で生きているのではなく、この神様の恩寵、恵みのうちに生かされているものであるということを認める、受け入れるということなんです。

毎年、年末には、よくお話をさせていただいているんですが、初日じゃなくても、ぜひ、皆さん、機会があれば、日の出を見に行ってみてください。

私たちは、天地万物を創られた、もちろん太陽も、この日の本、日本も作られた神様を信じているんですよね。
日本人は、太陽そのものに神を感じて、知らずに拝んでしまったわけですが、私に言わせれば、これは惜しいことなんです。実に、太陽の向こうに、太陽を創られた神がいるわけですよね。

八百万の神を信仰するということで、キリスト教会では否定的に語られてしまうわけですが、でも、見方を変えればですよ。この自然界、森羅万象、あらゆる被造物の中に、直感的に「神」という存在を感じ取ってきた民族でもあるわけです。

反対に、クリスチャン、聖書学者、私みたいな伝道者も、つい、うっかりすると、聖書そのものばかりに集中してしまい、この自然界に疎くなってしまうことがあるように思います。
でも、この聖書そのもの、本そのものの中に、神様がいるわけではないですよね。

この全宇宙、大自然の中で、これらを創られた神様によって、わたしたちは、生かされている…、そのことを伝えてくれているのが、聖書だったりするわけです。

ですからね、ぜひ、みなさん、機会があれば、日の出、見てきてください。
夜明け前、まだ日が出る直前というのは、一番、寒かったりするんですよね。。。

ところが、暗闇を引き裂くように、太陽が顔を見せる瞬間、強烈な光とともに、熱を感じるわけですよ。
鳥たちは飛び立ち、生命が喜びの声を上げる。

30:5 まことに、御怒りはつかの間、いのちは恩寵のうちにある。夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。

繰り返しになりますが、人生は山あり谷ありです。
今年一年、この終わりのときに、あるいは苦しみの中にある方、悲しみの中にある方いらっしゃるかもしれません。

しかし、今日も自然界の恵みのうちに生かしてくださる神様がいます。

今は涙があっても、明けない夜もありません。

夕暮れには涙が宿っても、朝明けには喜びの叫びがある。

嘆きを踊りに、荒布を喜びに、変えてくださる神様がいます。

共に喜び、共に泣く…、そういう仲間、神の家族もいます。

あのカルバリの十字架を背負われたイエス・キリストもまた、あなたの苦しみ、病、悩みを共に背負ってくださる、そういうお方です。

30:11 あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。あなたは私の荒布を解き、喜びを私に着せてくださいました。
30:12 …私の神、主よ。私はとこしえまでも、あなたに感謝します。

2014年もまた、皆様にとって、喜びと感謝にあふれた一年になりますように、お祈りしております。




posted by holyhope at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | メッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。