2015年08月26日

2016年2月聖地旅行のご紹介です

メッセージの更新もままならないまま恐縮ですが、2016年2月の聖地旅行のご紹介です。
普段は、旅行会社で働いています(^_^;)

今回は、長年、イスラエル聖地旅行を企画してきた三森春生先生(元インマヌエル王子教会牧師)の聖地旅行です。

荒野を旅するのコピー.jpg

▲写真:ミツペラモン(イスラエル南部・ネゲブ砂漠)
 モーセの率いる民が放浪していたのも、この近辺です。
 日本では想像つかない荒野の自然環境を、ご自身の目や肌、五感で感じ取ることができます。

余談ですが、この写真も私が撮影したものです…(^_^;)

今回は花咲くガリラヤ湖周辺やエルサレムなどを訪問後、南部のネゲブ砂漠へ。
イスラエルの民が放浪した「荒野」を体感しながら、カナンへの道筋を辿り、ヨルダンへと巡っていきます。

クリスチャン、または聖書に関心がある方など、旅行の趣旨をご理解いただける方でしたら、ご紹介も可能です。
聖地旅行は初めてという方にも、リピーターの方でも魅力ある内容になっているかと思います。

日本では想像できない「荒野」の世界を旅してみませんか?おすすめです。

詳細は「にこまるツアー」のホームページで!(^^)
 成田発着 2016 年2 月25 日(木)〜3 月5 日(土)
 旅行代金 旅行代金 ¥347,000
 ※別途、空港利用料・入出国税・燃油付加料(未定・2015年7月現在約52,000円)

posted by holyhope at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

1/20 聖望教会 南水ひとり語り

教会の近くにお住まいの熊澤南水さんの「ひとり語り」を今年も教会で演じてくれることになりました。

笑いあり、涙ありの人情物語。
南水さんの話芸をご堪能ください。

2013年1月20日(日) 2:00〜
聖望キリスト教会 市川市市川3-37-12
入場料1,000円
定員90名
お申し込み 047-321-3343(聖望教会 大竹)

image-20130113131204.png
posted by holyhope at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

竹下静プロフィールビデオ

突然ですが、うちの奥さん(竹下静)のプロフィールビデオです。
夫婦で、メッセージ&音楽伝道活動しています。

2012年もお世話になりました。2013年もよい1年となりますようにお祈りしております。
ラベル:竹下静
posted by holyhope at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月01日

東北の単立教会を周ってきました

7/16〜7/20 まで、竹下 力・静の二人で、第二回目となる東北・単立教会を巡回してまいりました。

石巻 野外コンサート シーサイドバイブルチャペル 南相馬 流された漁船

前回5 月に比べれば、津波によって破壊された多くの瓦礫もだいぶ撤去されています。
しかし、屋内や田畑にはまだまだ多くの泥が被った状態であったり、一見、広大な田畑であったかのような場所が、実は家屋や施設が立ち並んでいた場所だったりと、現地の人たちにとって、多くのものが失われた状態であることには変わりがありません。
また、「庭先に遺体が流れ着いていた」とか、「家族がこの先のどこそこで見つかった」など、多くの悲しみや痛みが記憶となって刻み込まれていることを感じます。
そんな失望感に負けまいと、前向きに新たな生活や、地道な復興作業を行なっているのが現状です。

そんな中を通って、各地の教会に辿り着く時、妙にほっとするのです。
教会で、聖書から慰めや希望の言葉が語られ、交流が持てた時の安堵感は、おろかな話かもしれませんが、普段感じ得ないほどでした。
今回は原発から22km という避難地域ギリギリのところにある原町聖書教会にも行ってまいりましたが、たとえ、どんなに小さな教会であっても、そこに主の教会があることの存在意義を改めて深く実感させられる巡回訪問の旅となりました。

各教会の先生方、皆様も被災者です。私たちも続けて、多くの励まし、希望、祈りの言葉を贈り続けたいものです。

詳細は、聖望教会のブログにて
http://seibou.seesaa.net/category/10843035-1.html

東日本震災単立教会支援


ラベル:東北支援
posted by holyhope at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

東北・単立教会訪問2回目予定

7/16〜7/20にかけて、第2回目の東北教会の巡回訪問を行います。

7/16
 移動のみ

7/17 シーサイドバイブルチャペル(仙台市)…竹下静礼拝賛美奉仕


7/18
 石巻祈りの家(石巻市) …ボランティア作業参加/竹下静野外コンサート


7/19
 (保守バプテスト・北上聖書バプテスト教会…佐々木師訪問)


7/20
 原町聖書教会(南相馬市)…初訪問

所属の聖望キリスト教会(市川家庭集会)の他にも、単立・シャローム福音教会(横浜市)、静岡その枝キリスト教会(静岡市)の皆様にも趣旨に賛同いただき、皆様からの義捐金と贈り物をお届けしてまいります。

今回は、前回視察訪問させていただいたシーサイドバイブルチャペル、石巻祈りの家の他、南相馬市で原発から22kmという避難地域ギリギリのところで教会を継続している単立・原町聖書教会(石黒師)も訪問させていただくことになっております。

ぜひ、お祈りください。


東北・単立教会支援趣旨&第1回訪問レポート
http://seibou.seesaa.net/article/200489162.html



東北単立教会支援
posted by holyhope at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

2011年イスラエル聖地旅行のすすめ

荒野に生きるアイベックス私は旅行業を営みながら、伝道師として活動しておりまして、

いきなりですが…

聖書の舞台、イスラエルに行って見ませんか?

聖書がどこか、昔話か、現実離れしているように感じてしまうことはないでしょうか?
教会や信仰生活が、どこかリアルな自分と離れている…なんて感じたことありませんか?

単なる史跡や教会を周って、有りがたがるのが聖地旅行ではありません。

荒野に生きる動植物たち、ガリラヤ湖畔ののどかさ、地中海の青さ、エルサレムの雑踏…

ガリラヤ湖 山上の説教の丘より−ことばは人となり、私たちの間に住まわれた…!!

イスラエルの大地を踏む時、生きた聖書の世界が見えてきます。

【にこまるツアーの特色】
・内容充実。無理のない、ゆっくりめの行程で周ります
・死海の5ツ星リゾートホテルと、ガリラヤ湖のキブツホテルは、プライベートビーチ付。
・聖書に出てくるイスラエルの特産物も味わいましょう

■2011年 3月1日(火)〜3月11日(金)
エルサレム嘆きの壁榊原寛先生 主イエスの足跡を巡るイスラエル11日間

 ・聖地旅行に精通した榊原先生の楽しいお話付!
 (村上宣道先生も参加されます)

 旅行代金 成田発着 ¥358,000※
 ※空港諸税、燃油料等別。
 最少催行人員 25名様 (11月末日締切)
 
■2011年 3月15日(火)〜3月25日(金)
北本福音キリスト教会 イスラエル聖書の旅11日間

 ・北本福音キリスト教会の皆様でのアットホーム的な旅行です。外部からの参加も受付しています。

 旅行代金 成田発着 予価 ¥348,000 ※
 ※空港諸税、燃油料等別。参加人数の最終調整中です。
 最少催行人員 15 名様
 (外部から参加受付 お問い合わせください)


――――――――――――――――――――――――――
いろんな笑顔、描きたい― にこまるツアー

東京都台東区台東4−30−8 宮地ビル本館7F
TEL (03)5812−7080
FAX (03)5812−7085

イスラエル専門サイト http://www.nikomaru.jp/acts/
株式会社HMC 東京都知事登録旅行業第3-3609号
――――――――――――――――――――――――――

posted by holyhope at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月26日

伝説のJAZZバンド「ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド」来日

平均年齢約80歳、今活躍のするジャズグループでは最高齢で、グループ存続最長をも誇るオーケストラ。
ハーレム・ブルース・ジャズ・バンド
「アメリカの国宝級」の伝説バンド「ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド(HBJB)」が来日、11/7(土)にコンサートが行われます。

会場は、NYトリニティー教会で行われた演奏を再現しようと、新宿区大久保駅に隣接する日本最大級のプロテスタント教会「淀橋教会」にて、1920〜30年代の「古きよき時代のハーレム・サウンド」を、HBJBの年齢を感じさせない素晴らしい演奏をご堪能いただけると思います。


バンドは‘20、’30年の世界恐慌時代に活力を世に与え続けた、
デュークエリントン、ルイアームストロング、キャブキャロウェイ、カウント ベーシーなど
ジャズマスターのもとで演奏したオリジナルメンバーばかり。
広い年齢層のファンから格段の敬意を払われています。


音楽を愛する若者との交流を楽しみに湧き出るエネルギーの不思議をスイングジャズに秘めて世界をくまなく周り続けています。
彼らの素晴らしい演奏は、全く年齢を感じさせず、多くの日本人に感動と勇気を与える事ができると信じています。


このバンドは、歴史が長いに関わらず、一度も日本へ来る機会がありませんでした。
メンバーの最高齢者は94歳、メンバーの内2名は既に癌を告知されており、これが最初で最後の日本公演になってしまうのかもしれません。

今回のもう一つの見どころ(聴きどころ?)は、シニア・バンドのHBJBと日本の若いアーティスト「木下航志」さんと、「洞至」さんとのコラボレーションです。


また、児童虐待防止の「オレンジリボン運動」を支援する公演でもあります。何とか満席にし、チャリティーとしても成功させたいという主催者側からの要請を受けています。

チケットは、GOSPEL NOWのショップから購入する事ができます。下記がチケット販売のURLです。
http://cart05.lolipop.jp/LA03647416/?mode=ITEM2&p_id=PR00101755545
(「にこまるツアー」の紹介とご記入ください)


詳細は、ゴスペル ウェブ マガジン「今月のお薦め」ページでどうぞ。
www.gospelnow.org


---
公演名:子ども虐待防止オレンジリボン運動支援公演「ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド」

出演:ハーレム・ブルース&ジャズ・バンド
特別ゲスト:木下航志、洞至


会場:淀橋教会
会場住所:〒169-0073 東京都新宿区百人町1-17-8
会場電話:03-3368-9165
会場URL:http://www.ne.jp/asahi/yodobashi/church/
会場アクセス:JR総武線大久保駅下車、徒歩1分/JR山手線新大久保駅下車、徒歩3分

日程:2009年11月7日(土)
時間:開場:2:30PM 開演:3PM 整理券配布&受付開始:2PM

料金(税込み):一般6000円、ペア11000円、当日6500円(全席自由)

お問い合わせ先(電話):03-5766-3750 (HJBB日本公演事務局)平日11AM-5PM
お問い合わせ先(メール):info@gospelnow.org
チケット取り扱い:GOSPEL NOW 内ショップ www.gospelnow.org 

主催&企画制作:NY Hallelujah Company LLC
制作協力:デジャ・ビュ、OPI
後援:Grand Parents Around The World 、Harlem Arts Alliance
協力:淀橋教会

posted by holyhope at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

聖書の世界をライブする!イスラエル聖地旅行のすすめ

アブラハムの井戸とベエルシェバの遺跡四季折々、緑も豊か、水には事欠かない日本ですが
乾ききった水のない荒野では、コップ一杯の水が、
まさしく「命の水」に変わります。

そんな「水」を、ぜひ味わってもらいたくて、
聖地旅行に取り組んでいます。

とりわけ今回は、定番の遺跡や記念教会以外にも、
なるべくイスラエルの自然や文化にも触れられるように
計画してみました。
荒野に住むアイペックス
・野やぎ(アイペックス)が生息する断崖絶壁の荒野の渓谷
・荒野の遊牧民ベドウィンのテント体験
・世界有数の渡り鳥の飛来スポット フーラ渓谷
・キブツ内のトロッコツアー

…など、イスラエルの気候、風土、文化を体感できるようにも
工夫しています。

クリスチャンの方々と接している中で、
ガリラヤ湖のカモメ時々、気になることがあります。

決して、聖霊の力や霊的な世界を否定する意味ではなくて、
あまりに現実から離れた空想や理想、頭だけの世界、
逆に机上の論理にはなっていないかな…と。
どこか仮想現実的で、リアリティを失っている部分を、
たまに感じてしまうのです。

私が個人的に取り上げている教会のカルト化問題も、
もしかすると、そういった現実から離れたところでエルサレム 十字架の道
起きてしまうのかもしれません。

「ことばは人となり、私たちの間に住まわれた…」

イスラエルの民も、主イエスも、このイスラエルの地上の
現実社会で生活をしてきたのです。
そこには喜びと同時に、様々な苦悩もあったはずです。

そんな生活の現場で、まさしく彼らとともに生きた神の
「いのちのことば」に触れてみませんか。

■「聖書の世界をライブする!」 ―神と人が共に生きた現場へ― ■
イスラエル聖地旅行
 2010 年2 月2 日(火)〜2 月12 日(金) イスラエル11 日間
 旅行代金 成田発着 358,000 円  (空港諸税別)
 ツアーリーダー 竹下 力 (Holy Hope Project 伝道者


 イスラエルの民が通った荒野 ―ネゲブ砂漠
 空の鳥を見よ、野の花を見よ…。―ガリラヤ湖周辺
 雑踏の中を通る十字架の道 ―エルサレム旧市街

 他、イスラエルの自然や文化にも触れられます。

 詳細は、ホームページで。ぜひぜひ、ご覧ください。!(^^)!
 http://www.nikomaru.jp/acts/tour2010.shtml

――――――――――――――――――――――――――
いろんな笑顔、描きたい― にこまるツアー

東京都台東区台東4−30−8 宮地ビル本館7F
TEL (03)5812−7080
FAX (03)5812−7085
E-MAIL tour@nikomaru.jp 
韓国旅行専門サイト  http://nikomaru.jp
イスラエル専門サイト http://www.nikomaru.jp/acts/
株式会社HMC 東京都知事登録旅行業第3-3609号
――――――――――――――――――――――――――
posted by holyhope at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月20日

突然ですが、聖地旅行に行きたいと思っている方いませんか

2009年02月03日出発予定のイスラエル聖地旅行10日間で行かれる予定の教会で、外部からも参加者を募っています。
内容は、クリスチャンまたはキリスト教に関心の深い方向けです。

基本は、関空出発ですが、羽田-関空間等の国内線の手配は、別途可能ですので、興味のある方は、至急ご連絡ください。

締切は、10月31日を定めていますが、ご連絡さえいただければ、多少お待ちできます。

■イスラエル聖書の旅10日間 
http://actskikaku.seesaa.net/article/108366008.html

2009年 2月3日(火)〜2月12日(木)10日間

団長  井上 理師 (松江北堀教会牧師)
ガイド 柿内ルツ師 (イスラエル政府公認ガイド)
その他、本旅行では、添乗員が関西空港より同行いたします。

旅行代金 関空発着 お一人様 338,000円 (2名様1室ご利用)
    ※別途、空港諸税、燃油付加料 (9/1現在 約65,000円)が必要です。

申込締切 2008年 10月 31日(金)
最小催行人員 18名様 (定員は20名の予定。)
※この旅行は、松江北堀教会(井上理師)を主体とする団体旅行(受注型企画旅行)です。

コンパクトに、でも、見どころは逃さない!

 ●イスラエルの民も放浪したネゲブ砂漠で荒野を体感
 ●世界でも類を見ない死海の浮遊体験
 ●ユダヤ最後の砦マサダ
 ●主イエスの宣教の舞台 ガリラヤ
 ●主イエスの育った街 ナザレ
 ●地中海の玄関 ローマ建設の港町カイザリア
 ●イエスの足跡を辿る 憧れの都エルサレム ・・・などなど。

聖書の世界が、ぐっと身近に広がります!ぜひ、ご検討ください。

ツアー詳細(PDFファイル)
http://www.nikomaru.jp/acts/200902matsue.pdf

●旅行に関するお問い合わせ
TEL. 03-5812-7080 / FAX. 03-5812-7085
株式会社 HMC にこまるツアー 担当: 竹下
http://actskikaku.seesaa.net/
posted by holyhope at 21:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

クリスチャンは、聖く正しく美しい…?

クリスチャンは、聖く正しく美しい…

決して、そんなことはありません。
そんなことは、何人かでもクリスチャンを見れば、すぐわかると思います。

バイブルでは、「義人はいない。ひとりもいない。すべての者が罪に定められている」と、誰しもが罪(欠点や弱さ)を抱えた存在であることを告げています。
その罪を認める、単純に言えば「ごめんなさい」をするとき、聖書の神は赦しを与える神なのです。
ですので、クリスチャンというのは、本来、自分が罪人であることを認めた人たちであるはずなのです。

ところが、なぜか
「自分は正しい」かのように振舞うクリスチャン、
正しくなれずに悩むクリスチャン、
正しくなれないからクリスチャンにはなれないと思う人、
いろいろです。

クリスチャンは、聖く正しく美しい…、
そんな美しい誤解を解くべく活動している伝道者です。

普段、教会や集会でしているメッセージを、そのままに掲載していくつもりです。
ちょっと長くて、読みづらかったらごめんなさい。。。
私も、背伸びはしないので、気楽に読んでくださいね。(^^ゞ
ラベル:キリスト教 聖書
posted by holyhope at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。